選手
ナンバー順ポジション別

TE タイトエンド

愛称 パイルドライバーズ(PILE DRIVERS/杭打ち機) ―アスリートのプライド OLの端に位置し、パスプレーではレシーバーに、ランプレーではブロッカーになる。スピード、パワー、パスキャッチ能力を高いレベルで要求されるオールラウンダー。戦術理解にも優れ、キーマンとしてオフェンスを牽引する。

WR ワイドレシーバー

愛称 フライヤーズ(FLYERS/空中を飛ぶもの) ―マジックハンドでタッチダウン TEがOLの近くに位置するのに対して、遠く離れているのでスプリットエンド(SE)と呼ばれることもある。俊足で相手DBを抜き去り、マジックハンドのようなキャッチングでロングパス、タッチダウンパスを捕る。

QB クォーターバック

愛称 ジェネラルズ(GENERALS/将軍) ―パスで魅せます オフェンスの司令塔。相手ディフェンスの動きを読みながら、ランナーにボールを渡したりパスを投げたりする。QBが投げるロングパスは、アメリカンフットボールの大きな見どころのひとつ。試合ではまず、QBの動きをチェックしたい。

RB ランニングバック

愛称 ピラーズ(PILLARS/支柱) ―ラン攻撃の主役 ボールを持って、力強く、ときに巧みなカット走法で相手ディフェンスを切り裂きながら前進する。RBがタックルをものともせずロングゲインを重ねる姿も、アメリカンフットボールの見どころのひとつ。

LB ラインバッカー

愛称 プレデターズ(PREDATORS/肉食獣) ―守備の要、そして魂 ディフェンスの第2列。DLやDBに指示を出す司令塔。頭脳プレーの一方で、相手ブロッカーをかわしてのタックルや、短いパスのインターセプト、QBサックなど、激しいプレーも多い。LBが活躍するとディフェンスが引き締まる。

DB ディフェンスバック

愛称 エアーキラーズ(AIR KILLERS/空中の殺し屋) ―最後の砦、危ない守護神 ディフェンスの最後列。DLやLBを抜けてきたランプレーは着実に仕留める。パスプレーではレシーバーとの一騎打ちを制し、インターセプトに命を賭ける。正に危険な男たち。タッチダウンを狙ったパスをインターセプトすれば、一発で形勢が逆転する。

SP スペシャリスト

K キッカー / P パンター / LS ロングスナッパー ―もうひとつのファンタジスタ キックオフのボールを蹴る。フィールドゴールで得点する。第4ダウンでパントを蹴って陣地を挽回する。そのスナップを担う。誰よりも大きいプレッシャーの中でドラマを起こす彼らは、試合の流れはもちろん、勝利を決める、もうひとつの鍵である。
error: Alert: コンテンツは保護されています