ニュース

米チア狭き門に挑む-SEA-Cheer Akiの取材記事が読売新聞千葉版に掲載されました

▲千葉県東金市出身。「頑張る姿や笑顔が、誰かの勇気になる」-高校1年の2011年夏、地元ミュージカル劇団のメンバーとして参加した東日本大震災被災地公演での経験が今につながる

2/6(日)付 読売新聞千葉版に、NFLチアリーダーに挑戦するSEA-Cheer Aki(2021キャプテン/藤本愛祈)の取材記事が掲載されました。

大学ではアメリカンフットボール部のアナライジングスタッフを経験。2019年にSEA-Cheerに加入し、2020年の日本一達成を経て、昨シーズンは自ら手を挙げてキャプテンを務めました。「オービックシーガルズからNFLチアにチャレンジしたい」と、SEA-Cheerとしての活動を続けながら、この春から難関のオーディションに挑みます。

オービックシーガルズはAkiのNFL挑戦を応援し、その挑戦の様子をお伝えしていく予定です。ぜひご注目ください。

news2022020701
▲中央がAki。2021年ホームゲーム(習志野・秋津サッカー場)でのパフォーマンス
error: Alert: コンテンツは保護されています